ブログ

精油の紹介(ティートゥリー)

こんにちは。村上優香です。

昨日の京都は数年ぶりの積雪で、友人のインスタから京都の奥、大原蓮華寺のお庭は白一色の写真が。

シンシンと雪が降る音が聞こえてくるようなこんな景色を見に行きたい~
とも思いますが京都の寒さはハンパない。
しっかり防寒対策して出かけないとあっという間に体の芯から冷えてきて風邪をひきそうです。

風邪といえばアロマテラピーで思い浮かぶエッセンシャルオイル(精油)はティートゥリーですね。
前回のラベンダーと同じようにまずは確保する精油の一つです。

精油紹介
002   ティートゥリー
学名    Melaleuca alternifolia
科名    フトモモ科
抽出部位  葉
抽出方法  水蒸気蒸留法
主要成分  【モノテルペン炭化水素類】テルピネン-4-オール、y-テルピネン、α-テルピネン、
                   1,8-シネオール、カジネンなど
原産国   オーストラリア

アロマテラピーで年間を通じて活躍するのがティートゥリーです。
ティーツリー、ティートリー、Tea treeとも呼ばれています。
特に注目されるされる作用は、消毒殺菌作用、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗真菌作用、免疫賦活作用
です。

オーストラリアの先住民のアボリジニはティートリーオイルを消毒薬(殺菌剤)および薬草療法として
伝統的に使用していました。葉をお茶に用いていたことからTea treeと呼ばれています。
また、オーストラリアでは、ティートリーという名前ではなく、学名のメラレウカという名前で呼ばれる
こともあります。

1925年にはオーストラリアのニューサウスウェールズの科学者アーサー・ペンフィールドが体系的な
分析を発表し、ティートゥリーの作用は一気に注目を浴びるようになりました。
第二次世界大戦では、ティートゥリーがオーストラリア兵の救急箱の常備薬だったとも伝えられています。

高品質なものでは主成分のテルピネン-4-オールは35%を超え、シネオールは5%未満となるものとしていて、
オーストラリア・ティーツリー産業協会 (ATTIA) は、テルピネン-4-オール30%以上、
シネオール15%未満という基準を満たしている場合に証明書を発行しています。

◆ティートゥリーの作用◆
鎮痛作用、抗菌作用、抗真菌作用、抗感染作用、抗寄生虫作用、抗ウイルス作用、呼吸器系の鎮痛作用、
心臓強壮作用、免疫促進作用、神経強壮作用、去痰作用、強壮作用、殺菌消毒作用、発汗作用、
抗炎症作用、瘢痕形成作用、癒傷作用、抗炎症作用、ヘルペスの緩和、虫刺されの緩和、
イボ・水虫の緩和、フケの防止、頭皮の乾燥防止、口内炎の改善、歯肉炎の改善

心へ
ティートリーの主な成分のテルピネン-4-オール、α-テルピネン、α-ピネンの香りは、心を癒し、
リフレッシュさせてくれる作用があるといわれています。

体へ
強い抗感染作用を持つことが一番の注目です。
また主成分のテルピネン-4-オールは感染症の再発を予防する免疫力も高めます。

風邪、インフルエンザ、気管支炎、カンジダ症など、様々な感染症に向いています。
また、免疫機能の低下から起こる神経疲労や衰弱にも効果的です。

春先に気になる花粉症対策のキャンディ等にティートゥリーが配合されているものもよく見かけます。

気管支などの呼吸器系、咳、感染症、風邪やインフルエンザ、花粉症などに、マスクに1滴落として
使用するのもおすすめです。

筋肉痛、関節炎、痛風にマッサージオイルを作って気になる部分に塗布、またはアロマバスで
利用してください。

優れた殺菌、抗菌、抗ウイルス、抗真菌を活用して、アロマスプレーを作り、マスクや手指の消毒に
使用するのもおすすめです。
副鼻腔炎には蒸気浴(マグカップにお湯を入れ精油を1~2滴落として蒸気を吸い込むようにする
この時、目はつぶってくださいね)を試してください。

膀胱炎、尿道炎には、腰湯やマッサージオイルを作って試してください。

肌に
ニキビのケアにおすすめです。
ティートゥリーウォーターを化粧水として使用したり、化膿しているニキビにはティートゥリーを
綿棒に取り気になる部分に塗布します。

手荒れ(ひび、あかぎれ)やしもやけ、皮膚炎や湿疹は、ティートゥリーと真正ラベンダーを
キャリアオイルで希釈し手指に塗布します。アロマバス(部分浴や全身浴)もおすすめです。

いぼやタコ、魚の目、水虫にも毎日きちんとケアすれば軽減されることが期待できます。
頭皮湿疹やふけには無香料の肌に優しいアミノ酸ベースのシャンプー等にティートゥリーを数滴落とし
シャンプーするのもおすすめです

 

詳細、ご購入はここをクリック

温泉につかってのんびりと週末を過ごしたいと思うのですが、昨今のニュースをにぎわしている
感染症を考えると、今は自粛したほうがいいでしょうね。

昨日夜中に九州方面で大きな地震がありましたが、お近くの方はどうぞお気を付けください。
アロマテラピーが少しでも皆様のお役に立てるよう情報発信しています。
ブログでご案内していることは効果を保証するものではありません。
毎日の生活の中でご参考にしていただければと願っています。

メールフォームはコチラ