ブログ

アロマテラピー利用法 1 〈芳香浴法〉

こんにちは、村上優香です。

「気に入った香り(精油・エッセンシャルオイルともいう)を見つけたけれど、
精油の使い方ってデュフューザーに落として使う以外にどんな方法があるの?」

「いろいろ精油の説明には書いてあるけど。。。使い方がよくわからない」

「買ったときに少し使ってそのままになってる精油がいくつかある」

そんな方に、精油をつかったいろいろなアロマテラピーの利用法をご紹介!

毎日に生活の中でナチュラルな香りを使ってアロマテラピーを楽しんで、きれいで元気に!

1、芳香浴法
2、沐浴法
3、吸入法
4、フェイシャルスチーム
5、湿布法
6、トリートメント法
7、手作り化粧品

今回は、まずは手始めにここからスタートする方が多いと思います。

1、芳香浴法をご紹介

芳香浴は香りを浴びるという意味です。精油を使って自分の空間を気持ちよく整え、
香りを楽しむことによって心身のバランスをよりよく整えていきましょう。

ティッシュやコットン、ハンカチを使って

ティッシュやコットン、ハンカチに1~2滴精油を落して、枕元やデスクに置いたり、
持ち歩いて外出先でも香りを楽しむことが出来ます。

精油によっては色が濃いものもありますのでハンカチ等は着色してもいいかどうか注意しましょう。

②お湯に垂らして
マグカップやボウル、洗面器などに半分ほど熱湯を張り、1滴~2滴の精油を入れます。
蒸気とともに香りを素早く広げることができます。

③アロマスプレーで拡散させる方法
無水エタノールと精製水でつくるアロマスプレーは、日によって香りを変えて楽しみたいときや
用途によって使う精油を変えることによっていつでも気軽に利用できます。

自分の周りの空気の除菌や虫よけスプレー、お部屋のリラックスやリフレッシュ等の雰囲気作りを
したいときなどに気軽に行える拡散の方法です。

〈アロマスプレーの作り方〉

◆準備するもの(出来上がり量30ml)

・スプレー容器30ml以上 (ペット素材かガラス素材がおススメ)
・精油:1種類~数種類  合計で2滴(香弱め)~12滴(香強め)ぐらい
・無水エタノール5ml(ビーカーがなければ、計量スプーン小さじ1)無水エタノールは
薬局で売っています。

・水 25ml~45ml(水の量が少ないほど保存性が上がります)
・ラベル (エタノール・水・精油の配合量、作った目的、作った日にち等詳しく記入しておくと便利です)

◆作り方

1、ビーカーに最初に無水エタノール5mlを入れて、精油を2~12滴加える。

2、1、の材料をしっかりと混ぜ合わせたのち、水を加え、さらにしっかりと混ぜ、スプレーボトルに移し、ラベルを貼る

3、毎回使用前には必ず振ってからスプレーしてください。

無水エタノール → 精油 → 水 この順番を間違えると混ざりませんので注意してください。

※ポイント ビーカーがあれば、ビーカーの中で混ぜてボトルに移すということも可能ですが、
ビーカーがなければガラス容器等で代用してください。
( ボトルに直接無水エタノールを入れてもいいですが、計量スプーンだと入れにくいかと思います)
混ぜ合わせる際にガラス棒があれば便利です。

※無水(むすい)エタノール購入の際の注意  
ただ単に「エタノール」と書いたものや「消毒用エタノール」の書かれたものがあります。
それぞれエタノール(アルコール)濃度が違います。
購入の際は、「無水(むすい)エタノール」を購入してください

ャンドルを使った芳香拡散器

アロマポット、オイルバーナーなどの名前で販売されている、キャンドルの熱で
香りを拡散させるタイプの芳香拡散器です。
部屋の広さに応じて、水を張った上皿に1~5滴程度精油をたらし、香りを楽しみます。
芳香器の回りには燃えやすいものは置かず、風のない安定した場所に置きましょう。
また、子供やペットの手の届かないところにおき、就寝時は必ず火は消しましょう。
それぞれの取り扱い説明書に従い安全に使用してください。

⑤電気式芳香拡散器(電球)

精油を電気の熱で香らせる方法です。最近はライト式・ソケットライト式、
車で使用できるものなど様々なものが見られます。使い方は基本的に
キャンドル式のものと同様ですが、いずれも必ずそれぞれの取り扱い説明書に従い使用しましょう。

⑥電気式芳香拡散器(ミスト・デュフューザー)
精油を水に落して、電気の力でミスト状にし、拡散させる方法です。
〈精油原液を拡散させるタイプのものもあります〉
動力は電気ですが、熱を加える方法ではないので、精油成分の劣化を防ぎ、
より自然に近い香りを楽しむことができます。

 

アロマテラピーが少しでも皆様のお役に立てるよう情報発信しています。
ブログでご案内していることは効果を保証するものではありません。
毎日の生活の中でご参考にしていただければと願っています

株式会社 ベル・クウォーレ https://beltacuore.com/

大阪 四天王寺

◆アロマの香りで心と体をリフレッシュ 

無添加オイルを使ったアロマ・マッサージで心とカラダを癒やす サロン ベル・クウォーレ

◆公益社団法人日本アロマ環境協会認定校 アロマ&リラクゼーション ベル・クウォーレ

zoomオンライン講座実施中)

◆磯部千晴セレクト:こだわりのアロマ・ハーブ関連商品取り扱い

楽天市場店:https://www.rakuten.co.jp/berutacuore/

543-0074
大阪市天王寺区六万体町419号 グラン・ピア四天王寺304

06-4305-7721(代)

 

精油の紹介(フランキンセンス)

こんにちは。村上優香です。もう2月ですね。
寒さはまだまだ気が抜けませんが、梅の花だよりが届き始めると
春に向かってるんだなぁと実感します。

梅の名所はたくさんありますが、ベル・クウォーレの代表でもある
磯部さんとぜひ行きましょうと計画寸前でコロナが広がり始め、もう2年!

(今年も無理そうなので3年 (ノД`)・゜・。)計画が延期になっている
ところがあります。

三重県鈴鹿にある森庭園です。伊勢神宮の参拝とセットで
ミニトリップ、オススメです!
都道府県をまたいで自由に行き来できる日々が待ち遠しいですね。

 

きれいな梅の庭園からこのような話題に振り替えるのもいかがかと思いながら、
精油選びお問い合わせ質問で多いのが

「ストレスにおすすめの精油はどれですか?」

ご自身用であったり、ご家族用であったりしますが、コロナも長引いてくると
様々な不具合、体調不良がありメンタルケアが注目されます。

旅行もそうですが、日帰りでのおでかけやショッピング、お友達や同僚とのランチ、
「ちょっとお茶しようよ~( ^^) _U~~」というのさえ、気遣いが。。。

いつまでと期間限定ならまだしも、いつまで続くかわからないというのは本当に厄介です

気づかぬうちにどんどんストレスが~~⤴⤴⤴

リラックスは先にブログで案内しているラベンダーもおすすめですが、
「メンタルケア」というところでこの精油をお勧めします。

フランキンセンンス

香りは「ウッディーとスパイシーが混ざり、僅かにすっきりした柑橘系の香り」とたとえられます。
お勧めすると嫌いな人が少ない皆さん割と好まれる香りです

精油紹介
003 フランキンセンス
学名    Boswellia carterii  Boswellia sacra
科名    カンラン科
抽出部位  樹脂
抽出方法  水蒸気蒸留法
主要成分  モノテルペン炭化水素類 α-ピネン、α-ツエン、p-シメン、リモネン、サビネン
原産国   ソマリア、エチオピア、ケニア

別名オリバナム、乳香、和名ではニュウコウジュと呼ばれます。

フランキンセンスの語源は、中世フランス語の「純粋」の意味と、ラテン語の「燻す」
という言葉が合わさったものです。
フランキンセンスという名称は、中世のフランス語「真実の香り」という意味に
由来しているともいわれています。
乳香(にゅうこう)とはカンラン科ボスウェリア属の樹木から分泌される樹脂のことで
乳香の名は、その乳白色の色に由来します。

古くから神聖なものとして扱われ、古代エジプト、バビロニア、ヘブライといった
さまざまな文明で、宗教儀式に使われてきました。
エジプトでは朝に焚く香として寺院での瞑想や宗教儀式にも用いられてきました。

新約聖書にもあるように、イエス・キリスト誕生のときに東方の三博士が
イエス・キリストに捧げた贈り物の中に
乳香(フランキンセンス)、没薬(ミルラ)、黄金があったことは広く知られています。

フランキンセンスは「偉大な預言者の証」、神への礼拝を意味し、
ミルラは「偉大な医師の証」で、清らかな肉体の象徴、黄金は「偉大な商人の証」で、
神への愛を象徴と言われ、この3つの貢ぎ物のうち、キリストが選んだのは
フランキンセンスだったと言われています。
それだけフランキンセンスが黄金と同等の価値がある貴重な香料として使用されてきました。

スパイシーで奥深いウッディ調の香りは、呼吸を深くしてゆったりした気分をもたらしてくれます。
「若返りのオイル」とも言われるこの精油は、皮膚再生作用があり、乾燥や肌荒れなどの
皮膚トラブルにも優れた効果を発揮するため、エイジングケアにおすすめの精油です。

また心を癒し呼吸を整える働きがあるとされ、呼吸器系の不調改善にも役立つとされています。

近年ではしわやたるみの予防といった美容面での効果に着目されており、アンチエイジングに
役立てられています。

◆フランキンセンスの作用◆
鎮痛作用、抗菌作用、抗カタル作用、抗炎症作用、細胞活性化作用、抗うつ作用、
抗感染作用、収れん作用、駆風作用、去痰作用、免疫強壮作用、健胃作用、
呼吸器系の不調改善、尿路系の抗炎症作用、子宮強壮作用、血液浄化作用、消毒作用、
瘢痕形成作用、癒傷作用、収れん作用、強壮作用、しわ・たるみの改善、炎症防止作用

心へ
フランキンセンスは、心の滞りをなめらかにし、心に静けさをもたらす作用があり、
悲しみやイライラ、不安などの心の乱れを落ち着かせてくれます。
トラウマのように縛られてしまった感情や忘れられない過去から解放させてくれ、
自己を高める手助けをしてくれます。

呼吸を深め、心を静かにさせ、集中させるので、瞑想やヨガにも向いています。
自分と向き合い、こころを鎮めたい時、高まった気持ちを落ちつけたい時など、
脳を活性化させ、ストレスをたまりにくくしたり、仕事のパフォーマンスを上げる効果がある
「マインドフルネス」などと組み合わせ、メンタルケアのサポートとして人気の高い精油です。

また「浄化」等、スピリットの世界へつながる香りとも言われています。
芳香浴やアロマバスでゆったりと楽しんでみてください。

体へ
咳や気管支の炎症を和らげる作用があります。肺、鼻、喉の粘膜の炎症を落ち着かせ、
喘息や気管支炎の症状緩和に役立ちます。
呼吸を深めるので、胸部の緊張を解いてくれ、免疫力の向上や、喘息・気管支炎などの呼吸器系の不調に役立ちます。

また、神経系にも鎮静させながら緩やかに強壮する優れた機能があり、抗鬱や、鎮痛作用につながります。

リウマチ、腹痛、月経痛などにいいと言われています。
消化器官の働きを高め、消化を促進したり胃を健やかに保つ効能があります。
血行促進作用で身体を温めて冷え性を改善する働きや、子宮強壮作用にも役立ち、
冷えや女性の月経トラブルの改善もサポートしてくれる香りです。

肌に
若返りのオイルとも呼ばれ、アンチエイジング効果が優れています。
収れん作用があるためしわ、たるみの改善に役立ち、毛穴の引き締め効果も期待できます。

皮膚の再生を活性化、新陳代謝を促して肌にうるおいを与え、ハリやつやのある肌に導くため、
アンチエイジングを目指す女性に嬉しい効果がある精油です。
ホホバオイルやアルガンオイルなどの植物油で希釈して美容オイルを作り、朝晩気になる部分に塗布してください。

フランキンセンスの詳細、ご購入はここをクリック

 

アロマテラピーが少しでも皆様のお役に立てるよう情報発信しています。
ブログでご案内していることは効果を保証するものではありません。
毎日の生活の中でご参考にしていただければと願っています

 

株式会社 ベル・クウォーレ https://beltacuore.com/

大阪 四天王寺

◆アロマの香りで心と体をリフレッシュ 

無添加オイルを使ったアロマ・マッサージで心とカラダを癒やす サロン ベル・クウォーレ

ご予約はここをクリック

◆公益社団法人日本アロマ環境協会認定校 アロマ&リラクゼーション ベル・クウォーレ

zoomオンライン講座実施中)開講時間等ご相談に応じます。お忙しい方、夜間ご希望などお気軽にお問い合わせください。

10:00~19:00  06-4305-7721   

磯部千晴セレクト:こだわりのアロマ・ハーブ関連商品取り扱い

楽天市場 https://www.rakuten.co.jp/berutacuore/index.html

543-0074 大阪市天王寺区六万体町419号 グラン・ピア四天王寺304

06-4305-7721(代)

LINEの公式アカウント欄から公式ID【beruaroma】または名前【ベル・クウォーレ】で検索

は~るよ来い♪

どこかいきたいな~

温泉がいいかなー

おいしいもの食べに行きたいな~

友達との飲み会もしたいな~

ふと思いついたマインドフルネス実行で瞑想ではなく妄想が吹き荒れる~(笑)

村上優香がお送りしました❣

精油の紹介(ティートゥリー)

こんにちは。村上優香です。

昨日の京都は数年ぶりの積雪で、友人のインスタから京都の奥、大原蓮華寺のお庭は白一色の写真が。

シンシンと雪が降る音が聞こえてくるようなこんな景色を見に行きたい~
とも思いますが京都の寒さはハンパない。
しっかり防寒対策して出かけないとあっという間に体の芯から冷えてきて風邪をひきそうです。

風邪といえばアロマテラピーで思い浮かぶエッセンシャルオイル(精油)はティートゥリーですね。
前回のラベンダーと同じようにまずは確保する精油の一つです。

精油紹介
002   ティートゥリー
学名    Melaleuca alternifolia
科名    フトモモ科
抽出部位  葉
抽出方法  水蒸気蒸留法
主要成分  【モノテルペン炭化水素類】テルピネン-4-オール、y-テルピネン、α-テルピネン、
                   1,8-シネオール、カジネンなど
原産国   オーストラリア

アロマテラピーで年間を通じて活躍するのがティートゥリーです。
ティーツリー、ティートリー、Tea treeとも呼ばれています。
特に注目されるされる作用は、消毒殺菌作用、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗真菌作用、免疫賦活作用
です。

オーストラリアの先住民のアボリジニはティートリーオイルを消毒薬(殺菌剤)および薬草療法として
伝統的に使用していました。葉をお茶に用いていたことからTea treeと呼ばれています。
また、オーストラリアでは、ティートリーという名前ではなく、学名のメラレウカという名前で呼ばれる
こともあります。

1925年にはオーストラリアのニューサウスウェールズの科学者アーサー・ペンフィールドが体系的な
分析を発表し、ティートゥリーの作用は一気に注目を浴びるようになりました。
第二次世界大戦では、ティートゥリーがオーストラリア兵の救急箱の常備薬だったとも伝えられています。

高品質なものでは主成分のテルピネン-4-オールは35%を超え、シネオールは5%未満となるものとしていて、
オーストラリア・ティーツリー産業協会 (ATTIA) は、テルピネン-4-オール30%以上、
シネオール15%未満という基準を満たしている場合に証明書を発行しています。

◆ティートゥリーの作用◆
鎮痛作用、抗菌作用、抗真菌作用、抗感染作用、抗寄生虫作用、抗ウイルス作用、呼吸器系の鎮痛作用、
心臓強壮作用、免疫促進作用、神経強壮作用、去痰作用、強壮作用、殺菌消毒作用、発汗作用、
抗炎症作用、瘢痕形成作用、癒傷作用、抗炎症作用、ヘルペスの緩和、虫刺されの緩和、
イボ・水虫の緩和、フケの防止、頭皮の乾燥防止、口内炎の改善、歯肉炎の改善

心へ
ティートリーの主な成分のテルピネン-4-オール、α-テルピネン、α-ピネンの香りは、心を癒し、
リフレッシュさせてくれる作用があるといわれています。

体へ
強い抗感染作用を持つことが一番の注目です。
また主成分のテルピネン-4-オールは感染症の再発を予防する免疫力も高めます。

風邪、インフルエンザ、気管支炎、カンジダ症など、様々な感染症に向いています。
また、免疫機能の低下から起こる神経疲労や衰弱にも効果的です。

春先に気になる花粉症対策のキャンディ等にティートゥリーが配合されているものもよく見かけます。

気管支などの呼吸器系、咳、感染症、風邪やインフルエンザ、花粉症などに、マスクに1滴落として
使用するのもおすすめです。

筋肉痛、関節炎、痛風にマッサージオイルを作って気になる部分に塗布、またはアロマバスで
利用してください。

優れた殺菌、抗菌、抗ウイルス、抗真菌を活用して、アロマスプレーを作り、マスクや手指の消毒に
使用するのもおすすめです。
副鼻腔炎には蒸気浴(マグカップにお湯を入れ精油を1~2滴落として蒸気を吸い込むようにする
この時、目はつぶってくださいね)を試してください。

膀胱炎、尿道炎には、腰湯やマッサージオイルを作って試してください。

肌に
ニキビのケアにおすすめです。
ティートゥリーウォーターを化粧水として使用したり、化膿しているニキビにはティートゥリーを
綿棒に取り気になる部分に塗布します。

手荒れ(ひび、あかぎれ)やしもやけ、皮膚炎や湿疹は、ティートゥリーと真正ラベンダーを
キャリアオイルで希釈し手指に塗布します。アロマバス(部分浴や全身浴)もおすすめです。

いぼやタコ、魚の目、水虫にも毎日きちんとケアすれば軽減されることが期待できます。
頭皮湿疹やふけには無香料の肌に優しいアミノ酸ベースのシャンプー等にティートゥリーを数滴落とし
シャンプーするのもおすすめです

 

詳細、ご購入はここをクリック

温泉につかってのんびりと週末を過ごしたいと思うのですが、昨今のニュースをにぎわしている
感染症を考えると、今は自粛したほうがいいでしょうね。

昨日夜中に九州方面で大きな地震がありましたが、お近くの方はどうぞお気を付けください。
アロマテラピーが少しでも皆様のお役に立てるよう情報発信しています。
ブログでご案内していることは効果を保証するものではありません。
毎日の生活の中でご参考にしていただければと願っています。

精油の紹介(ラベンダー)

こんにちは。

今年の冬は寒くなると聞いてはいましたが、本当に毎日寒いです❣
村上優香です。

これから少しずつ精油のご紹介をしていこうと思います。
最初は、やはりこの精油ですね!

精油紹介
001   ラベンダー・アングスティフォリア
学名    Lavandula angustifolia
科名    シソ科
抽出部位  花 葉
抽出方法  水蒸気蒸留法
主要成分  モノテルペンアルコール類 リナロール
エステル類  酢酸リナリル
原産国   フランス、ブルガリア

アロマテラピーで代表的に使用される安眠・リラックスのラベンダーです。
真正ラベンダー、ラベンダーアングスティフォリア、トゥルーラベンダーとも呼ばれています。

今では世界中で栽培されている人気ハーブです。古代ローマ人はラベンダーで入浴していたと
言われています。
ラベンダーの語源はラテン語で「洗う」という意味のlavareに由来するとされ、
古代ギリシャ・ローマの時代では心身を浄化するハーブとして沐浴などに利用されていました。
中世には、伝染病の予防のために教会に敷かれていました。

ラベンダーには他に種類がいくつかあります。
例えば、スパイクラベンダー、ラベンダースーパー、ラバンディン、ストエカスラベンダーなど。
種類が変われば学名も変わってきますし、含まれている薬理成分も変わります。
名称が「ラベンダー」だけではどの種類か区別がつきにくいので選ぶときに注意が必要です。
安眠用にと購入されても種類によっては、カンファーという成分が多く安眠にはおススメでない
ものもあります。
学名を必ず確認してくださいね。

◆ラベンダーの作用◆
鎮痛作用、抗菌作用、抗真菌作用、抗感染作用、抗炎症作用、抗リウマチ作用、鎮經作用、
安眠作用、ウイルス作用、鎮静作用、心臓強壮作用、胆汁分泌促進作用、血圧降下作用、
呼吸器系の不調改善、駆寄生虫作用、神経バランス作用、抗微生物活性作用、瘢痕形成作用、抗炎症作用

心へ
ラベンダーは感情の全体のバランスをとり、心を落ち着かせリラックスに働きかけます。
不安や抑うつ症状の緩和にもおススメです。
心身がリラックス状態になると、副交感神経が活発に働くため、自律神経のバランスを整え、
免疫力を高める働きも期待できます。
安眠作用があることでも有名な真正ラベンダー。リラックスモードの副交感神経を優位にするほか、
気分を安定させるセロトニンや、睡眠ホルモンと呼ばれているメラトニンの分泌を促すと言われ、
不眠の改善、良質な睡眠に役立ちます。

体へ
ラベンダーは150種類以上の薬理成分がすでに認められています。様々な作用がありますが、
特に体への働きは抗炎症作用により炎症や傷みを抑えたり、鎮静作用で緊張をほぐす働きがあります。
また緊張の緩和は、神経性の緊張、不眠、高血圧、動機、頭痛、イライラなどを緩和します。
更に、抗感染作用も優れていて、泌尿器や生殖器系、呼吸器系の感染症に有用です。

肌に
火傷の治癒にとても有名な精油です。肌の再生作用や、炎症に働きかける作用があります。
皮膚炎や乾癬、湿疹など、あらゆる皮膚の悩みに期待できます。
殺菌、抗炎症作用のほか、はんこん形成、皮膚組織再生など傷を癒やす作用があり、
軽いやけど、日焼け、手荒れ、かゆみなど幅広い肌トラブルの解決に。
虫刺され、ニキビ、水虫、あせものケアにも役立ちます。キャリアオイルで希釈したり、
ジェルにして気になる部位に塗布するのがおススメです。
また美肌作用も見逃せません。古くから美容に用いられてきたラベンダー。
肌の新陳代謝を促す効果が期待でき、くすみ、しみ、しわの予防などエイジングケアにも有用です。
心身をリラックスさせる効果もあるため、ストレスによる肌荒れや大人ニキビにお悩みの方にもおすすめ。
刺激が少なく、すべての肌質に使えますが、敏感肌やアレルギー体質の方は事前にパッチテストを行うと安心です。

 

詳細、ご購入はここをクリック

 

今週はまだまだ寒くなりそうです。

オフィスのエアコンがフル稼働でお肌が~

もう乾燥を通り越して手足や背中がピリピリしてきます。

お風呂おあがりにホホバオイルにラベンダーを落として乾燥したお肌に塗るとしっとりして

肌荒れを抑えてピリピリ感がなくなります。お試しくださいね

今夜も暖かくしてお過ごしくださいね。

 

2022年 皆様のご愛顧を今年もよろしくお願いいたします。

2022年、最初の投稿担当は〜

初めまして❣️
スタッフの村上優香です。

2022年よりブログを担当させていただきます。
よろしくお願いします。
ベル・クウォーレからお役立ち情報を配信していきますね。

自身の体調管理にために磯部 千晴さんから精油を勧められ、
芳香浴から始めてアロマテラピーに興味を持ち、
勉強を初めて数年。アロマトリートメントは上達へ向けて邁進中です。

毎日の生活の中で、健康と美容に役立つアロマテラピー情報をお届け〜
お気軽にお楽しみください。

早速、今回の話題‼️
マスクスプレーって使われていますか?
マスクの外側にシュッと吹きかけて、ガード力をアップするというものです。
アロママスクスプレーなら、さらにマスクを着け続けることの不快感も
解消してくれる嬉しいアイテムです。

市販品もたくさん出ていますが、口と鼻をおおうマスクだからこそ出来たら
ナチュラルなものを使いたいなーと思いますよね。

ハイ❗️
簡単につくちゃいましょう〜
自分で作れば中の成分もはっきりして安心。
防腐剤とか添加物とかの心配もいらないです
簡単に作れるので自作してみましょう。


〈用意するもの〉
▪️30ml〜50mlぐらいの容量のスプレー容器
▪️消毒用エタノール(アルコール度数70%〜80%薬局で購入)500ml入りが定番かな。
▪️抗菌作用、抗ウイルス作用等のエッセンシャルオイル
(1種類でも数種類を混ぜてもOK)

・ティートゥリー
・ユーカリグロブルス
・ペパーミント
・ローズマリーシネオール

[作り方]
1、容器に消毒用エタノールを30ml入れます。
ビーカー等がない場合は、大さじ2杯が30ml

2、1の容器に精油を合計で6滴(濃度1%)落とします。
精油のボトルは専用のドロッパー栓が付いていて、精油が1滴づつ
落ちるようになっています。
精油瓶をスプレーボトルの口のところで、ゆっくりと斜めに傾けて
(一気に逆さまにしないよう)滴下します。

3、スプレーノズルをつけて容器を閉め、軽く振り混ぜて出来上がりです。

注意
マスクにスプレーするときはマスクを必ず顔から外して、
手に持って2回ぐらいスプレーしてください。

香りが強く感じる方はもう少しアルコールで薄めたり、マスクをつける前に
振ってから使用することも試してみてください。

簡単に作れるマスクスプレーです。
2種類以上の精油を混ぜると奥行きが出てさらに良い香りになります。

初めてで迷われる方は、好きな香りを3滴、2番目に好きな香りを2滴、
もう一つを1滴もおすすめ。

抗菌、抗ウイルス作用の高い精油はすっきりとした香りなので、
どれを選んでもいいと思います〜。

試してみてくださいね♫

メールフォームはコチラ