ブログ

精油紹介〈ジュニパ-ベリー〉

こんにちは。村上優香です。

寒暖の差が激しく、毎年この季節は何を着たらいいか迷います。
うっかり薄着で出かけると、冷え切って体調がおかしくなったりしますよね。

春は気圧の変化も激しく気象病も注意が必要です。
気象病について詳しくはアロマテラピー利用法 3 〈沐浴法アロマバス〉を読んでくださいね。

春先は特に心も体も変化していきます。

 

急な体重増加!(ノД`)・゜・。
体重計に乗ったら「マジか!(@_@。」と  〈いつもより1~2キロ多い 〉
体重計が壊れてる!、足で何度も体重計をペコペコ押して、
もう一度計ってもお・ん・な・じ

なんか食べたかな~?
ホワイトデーのお菓子寝る前に食べたから??
晩御飯の量が多かった??
休みにゴロゴロしてたから??

んんん?  あれっ? 体脂肪率がやけに低い?

 

そうです!
これはむくみです!
がぶ飲み?が思い当たらなければ、
水分の取りすぎと思い、飲水量を制限してはだめです!

朝起きたら顔がパンパン、夕方には脚がひと回り太くなって靴が入らない。
気持ちまでどんよりと落ちてしまう“むくみ”は春から初夏にかけてはさらに起こりがちな不調です。
「むくみ」は、体内の水分代謝が滞り老廃物がスムーズに流れないことが原因で起こります。

“春のむくみ”、特に今年の春は次の3つの原因が考えられます。

◆春の低気圧
低気圧でむくみ、頭痛、めまいなどの症状が現れる「低気圧女子」
春(2~3月)は低気圧が一年で最も多い季節。気圧が下がると、体や血管にかかる圧力が低下し、血液中の水分が細胞内に移行して「むくみ」の症状に繋がります。

◆朝晩の寒暖差による冷え
春は「寒暖差」が大きく朝晩はとても冷えます。秋冬はしっかり寒さ対策しますが、この季節は昼間暖かいので薄着になりがち。夕方帰る時には寒くなって冷えてしまい、むくみに繋がる人が多いのです。

◆コロナ禍の運動不足やストレス
今はコロナ禍の自粛による運動不足やストレスを感じている方。
筋肉は心臓に血液を巡らせるポンプの役割、運動不足で筋力が低下すると体のめぐりが悪くなります。また、外出自粛、リモートワーク、部署異動など環境の変化でストレスを感じると、自律神経のバランスが崩れて血管を縮める交感神経が優位に。これらが原因で血流が悪くなり、冷え、むくみに繋がるのです。

 

今回は、「むくみケアをしてデトックス!」
スッキリとしたカラダとマインドで過ごすための精油をご紹介します。


ジュニパーベリー

 

ジュニパーベリーは、甘さと苦みを含んだ爽やかなウッディ調の香りで、古くから浄化作用があると知られており、むくみ軽減や心身のデトックス、疲労回復やリフレッシュにもおすすめの精油です。またお酒のジンの香り付けとしても有名です。

精油紹介
004   ジュニパー、ジュニパーベリー、Juniper berry
学名    Juniperus communis
科名    ヒノキ科
抽出部位  球果
抽出方法  水蒸気蒸留法
主要成分  【モノテルペン炭化水素類】α-ピネン、ミルセン、β-ミルセン、α-ミュアレン、サビネン、リモネンなど
【モノテルペンアルコール類】テルピネン-4-オール

原産国   アルバニア、インド、フランス、ブルガリ
別名    コモンジュニパー、セイヨウネズ(和名)

ジュニパーは薬草の中でも古い歴史を持ち、人が最初に利用した植物の一つと言われています。古くから、その芳香と殺菌作用により魔除けとして用いられたり、宗教儀式で焚かれていました。また多くの伝染病に医療上の役割を果たしてきたとも言われています。
元々は11世紀頃のイタリアの修道士がジュニパーベリーを使った蒸留酒を作ったのが起源のようです。中世ヨーロッパで黒死病が大流行した際にも、このジュニパーベリーの蒸留酒が治療薬として使われていた記録が残っているそうです。お酒のジンも元はジュニパーの利尿作用を活かした薬用酒としてオランダの医師が作ったのが始まりです。
ヨーロッパでは「悪魔祓いのハーブ」として知られており、病気よけの力があると信仰されていました。フランスの病院内でも病気の伝染を防ぐ目的で空気浄化のためにジュニパーが使われたことがあります。

余分な水分や老廃物を排出するデトックス効果があり、ニキビやしっしんなどの炎症を抑えて改善する作用もあります。

日本ではセイヨウネズと呼ばれる常緑樹で、幹は赤みがかかっており葉は針のような形をしています。小さな黄色の花を咲かせ、青色または黒色の液果を実らせます。

 

◆ジュニパーベリーの作用◆
抗カタル作用、抗感染作用、抗菌作用、抗リウマチ作用、リンパうっ帯除去作用、浄血作用、解毒作用、利尿作用、去痰作用、神経強壮作用、引赤作用、強壮作用、分娩促進作用、発汗作用、通経作用、浄化作用、セルライト・肥満改善、関節炎・リウマチ緩和、疲労物質の排出、免疫向上作用、抗肥満作用、肌への効能、皮脂分泌抑制作用、にきび肌の浄化作用、抗炎症作用、髪への効能、頭皮環境改善、 空間の浄化

 

心へ
ジュニパーベリーの一番の性質は「浄化」です。ネガティブな感情やわだかまりを押し流し、浄化させてくれる力があります
ウッディ調の爽やかな香りは気持ちを落ち着かせ、前向きにしてリフレッシュさせてくれます。
精神的な疲労によって気力をなくしてしまったり、失敗などで自信をなくして新しいことにチャレンジするのが億劫になってしまったりした時に、心を温めて強くする力があるので、不安感・憂鬱・引っ込み思案を取り除いて、意志の強化と自信を持つのに役立ちます。

また頭をクリアにスッキリとさせてくれるので、集中力アップにも。

体へ
利尿作用、リンパの流れを改善し、発汗を促し、体に溜まった老廃物を出すデトックス効果がるため、むくみやセリュライトの予防、ダイエットにもおすすめです。
食欲を正常にすることから食べ過ぎを防ぎ、肥満の改善や予防にも効果が期待できます。

また、水分バランスを整えるので、お腹の膨らみや、肥満、むくみ、動脈硬化などに効果があります。
抗感染作用も優れていて、膀胱炎、尿路感染症、気管支炎などにいいと言われています。
ジュニパーは体の熱源に働きかけるので、体を温め、刺激する作用があり、冷えと湿気を取り除きます。そのため、冷えで悪化する、腰痛や関節炎、膀胱炎、リウマチ痛などに効果的です。

また腹痛、筋肉痛、生理痛などの鎮痛作用もあり痛み緩和が期待できるので、アロマバスやオイルマッサージに使用すると良いでしょう。

肌に
肌に対しても浄化作用があり、脂性肌の皮脂抑制をし、ニキビの予防、炎症を抑える効果があります。
優れた収れん作用と皮脂のバランスを整える作用により毛穴を引き締めキメの整った肌へ導きます。

また、抗炎症作用や鎮痛作用もあるため、できてしまったニキビの治りを早めて炎症による痛みを鎮めてくれます。

注意が必要な方
ジュニパーベリーには子宮の収縮作用があります。妊娠中や授乳中の使用は少量や連続して使用しない、芳香浴などで使用するなど医師と相談しながら利用ください。利尿作用が高いため、腎臓に炎症があるなど疾患がある方も注意が必要です。

ジュニパーベリーの詳細、ご購入はここをクリック

アロマテラピーが少しでも皆様のお役に立てるよう情報発信しています。
ブログでご案内していることは効果を保証するものではありません。
毎日の生活の中でご参考にしていただければと願っています。

 

近くにミモザの大きな木があります。

春を告げる花としてお花屋さんでもよく見かけますね。

あちらこちらで花が咲いているのを見ると心が癒されます。

今日はお天気が悪く、むくんでいます。

ジュニパーベリーでアロマバスからの~

フットマッサージでケアしないとですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

株式会社 ベル・クウォーレ https://beltacuore.com/

大阪 四天王寺

◆アロマの香りで心と体をリフレッシュ

無添加オイルを使ったアロマ・マッサージで心とカラダを癒やす サロン ベル・クウォーレ

◆公益社団法人日本アロマ環境協会認定校 アロマ&リラクゼーション ベル・クウォーレ

(zoomオンライン講座実施中)

◆磯部千晴セレクト:こだわりのアロマ・ハーブ関連商品取り扱い

楽天市場店:https://www.rakuten.co.jp/berutacuore/

belta(ベル)は『美しい人』、cuore(クウォーレ)は『心』

ご縁をいただけた皆様に【心も体も美しく】
磯部千晴の想いをこめて

〒543-0074
大阪市天王寺区六万体町4番19号 グラン・ピア四天王寺304号

06-4305-7721(代)

LINEの公式アカウント欄から公式ID【beruaroma】または名前【ベル・クウォーレ】で検索

アロマテラピー利用法 3 〈沐浴法アロマバス〉

こんにちは、ベル・クウォーレの村上優香です。

シリーズでお伝えしていますアロマテラピー利用法。
3回目は沐浴法、アロマバスです。

1、芳香浴法
2、吸入法
3、沐浴法

立春が過ぎても3月初めまではまだまだ冷えこむ日があったり、
気が抜けないですね。

春を告げる花として人気の「スノードロップ(英名)」。

「雪のしずく」という意味で、
和名では「待雪草」「雪の草」とも呼ばれています。

小さな白いかわいいお花です。

 

春先にかけて寒くなったり暖かくなったりを繰り返し、
冬の疲れが出て体調を崩しやすくなる方も。

不安定な春先の気候による気圧の変化等で
頭痛やだるさ等の「気象病」に悩まされる方も。

気象病についてチェックしてみませんか?

雨が降ると頭痛がする、気圧の変化によって体調がすぐれないなど、
その日の気候・気圧・気温によって身体の変化が発生するものが「気象病」です。

気象病の対処法の一つに自律神経のバランスを整えるという方法があります。

天候等により気圧が変わると、体の中から押し返す力を
その都度コントロールしていく必要があります。
気圧の変化は、内耳(ないじ)という耳の奥にある器官で感じ取り、
脳の中枢にある自律神経に気圧の変化を伝えます。

気圧が下がると体の外からの圧力が減り、血管が膨張します。
自律神経がきちんと整っていると、交感神経が働いて膨張した血管を収縮させます。
気圧が上がっている時は外からの圧力が上がり血管が収縮します。
すると副交感神経が働いて血管を膨張させます。

ずっと緊張やストレスがかかった生活をしていると、
この交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなり
自律神経のバランスが乱れ、様々な体の不調へと
つながってしまいます。

気象病と呼ばれる不調には、気圧の変化を事前に把握し、
体調不良を未然に防ぐための予防や対策が大切です。

気象病のケアや体調管理に、芳香浴や沐浴法(アロマバス)がおすすめです。❣

いつものお風呂タイムに、精油を使って香りを楽しみ体調を整える方法のご紹介です。

 

沐浴法 (アロマバス)

「アロマバス」は、精油の香りとともに入浴する方法のこと。

精油の薬理的・心理的作用に入浴の効果が加わることで、
リラクゼーション作用をはじめ様々な相乗効果が期待できます。

香りを楽しむだけでなく、皮膚からも精油成分が吸収されるため、
芳香浴よりも高い効果が期待できます

※アロマバスの安全な楽しみ方

精油はお湯(水)に溶けないため、浴槽にそのまま垂らすと原液が肌に触れて、
トラブルを招く恐れがあります。

精油を無水エタノールや専用のバスベース(乳化剤)に混ぜてから
浴槽に入れる
のが大切なポイントです。

とくに柑橘系やスパイス系、ペパーミント、ユーカリ・グロブルス、レモングラスなどは
肌への刺激が強いため、注意が必要です。

◆全身浴

肩までつかる「全身浴」は、効率的に全身を温めることができるため、疲労回復におすすめです。

浴槽にすこしぬるめの湯をはり、5滴以下の精油を基材に落して混ぜます。

混ぜたものをお湯に落としてよくかき混ぜてから、ゆっくりとお湯につかります。

●リラックスしたいときは38〜40度のぬるめのお湯で長めに、リフレッシュしたいときは
42度程度の熱めのお湯で短時間入浴を。

●バスソルトを使えば、保温作用や発汗作用がアップします。

●重曹とクエン酸で作るバスボムも人気です。

◆半身浴

「半身浴」は身体への負担が少なく、長時間お湯につかることができるので、
読書などリラックスした時間を過ごしたいときに適しています。

半身浴は循環器への負担をさけ、全身を暖めることができる方法です。

浴槽にみぞおちまで浸かる程度の湯をはり、そこへ3滴以下の精油を基材に落とし
しっかり混ぜたものをさらにお湯に落します。

よくかき混ぜたら上半身が冷えないよう、タオルなどを肩にかけ、汗が十分出るまでつかりましょう。

◆部分浴

「部分浴」は、身体の一部だけをお湯につける方法です。

服を脱がずに手軽に楽しめるので、気分転換したいときや、
病気やケガでお風呂に入れないときにもおすすめです。

・手浴(しゅよく)

準備がラクで、手軽にできるのが魅力。冷えや手荒れなどにもおススメですが、頭痛や肩こりなど首より上の不調に役立ちます。

洗面器などに湯を張りそこへ3滴以下の精油を基材に落とし、しっかり混ぜたものを
さらに洗面器のお湯に落しよくかき混ぜて、両手を浸します。手首がしっかりつかるぐらいの湯量で行ってください。

 

・足浴(そくよく)

全身の血流改善に役立ち、冷えや生理痛、足のむくみが気になるときに。

バケツなどに半分ほど湯を張りそこへ3滴以下の精油を基材に落とし、
しっかり混ぜたものをさらにバケツに落してよくかき混ぜて、両足を浸します。

足首がしっかりつかるぐらいの湯量で行ってください。

◆アロマシャワー

手軽に楽しめる「アロマシャワー」。バスルームの床に精油を1〜3滴垂らしてからシャワーを浴びます。
朝のシャワータイムには、元気が出るオレンジ・スイートや、眠気を吹き飛ばすペパーミントを。
旅先で湯船につかれないときにも最適です。※精油が直接肌に触れないように注意してください。

アロマバスにおすすめの精油

◆リラックス・・・真正ラベンダー、ゼラニウム、ホーウッド、イランイラン、ベルガモット

◆片頭痛・・・ラベンダースーパー、ペパーミント、マージョラム、ローズマリー

◆冷え・・・レモン、マージョラム、イランイラン

◆むくみ・・・ジュニパーベリー、サイプレス、シダーウッド

◆リフレッシュ・・・ローズマリー、ユーカリグロブルス、サイプレス、スイート・オレンジ

お風呂で利用する場合に適した基材

精油をお湯に溶かす——–無水エタノール5ml

代謝をよくしたい——–天然塩

肌の乾燥が気になる——スキムミルク

体の疲れをとりたい——重曹とクエン酸を使って作ったバスボム

肌を清潔に保ちたい、肌荒れが気になる——–クレイ

アロマバス専用のバスオイル(保湿乳化剤)

 

ご自身の体調に合わせて精油を選んでアロマバスを楽しんでください。

忙しい方やお風呂で精油が使いにくい方も手浴だけでもぜひ試してみてください。

温浴効果も実感でき、特に上半身の不調には効果的、ゆったりした気分で、落ち着けます。

 

 

アロマテラピーが少しでも皆様のお役に立てるよう情報発信しています。
ブログでご案内していることは効果を保証するものではありません。
毎日の生活の中でご参考にしていただければと願っています

株式会社 ベル・クウォーレ https://beltacuore.com/

大阪 四天王寺

◆アロマの香りで心と体をリフレッシュ 

無添加オイルを使ったアロマ・マッサージで心とカラダを癒やす サロン ベル・クウォーレ

◆公益社団法人日本アロマ環境協会認定校 アロマ&リラクゼーション ベル・クウォーレ

zoomオンライン講座実施中)

◆磯部千晴セレクト:こだわりのアロマ・ハーブ関連商品取り扱い

楽天市場店:https://www.rakuten.co.jp/berutacuore/

belta(ベル)は『美しい人』、cuore(クウォーレ)は『心』

ご縁をいただけた皆様に【心も体も美しく】
磯部千晴の想いをこめて

543-0074
大阪市天王寺区六万体町419号 グラン・ピア四天王寺304

06-4305-7721(代)

 

アロマテラピー利用法 2 〈吸入法〉

こんにちは、村上優香です。

今日はめっちゃ寒いです!

昨日、立春!

日差しもあり暖かそうだったので、運動不足解消にウオーキングに~

太陽の光を浴びて(日焼け止め重要!)

木々の緑を眺めながら、

スタスタとちょっと軽く山道を歩くのは気持ちも切り替えれてすっきりします。

ただ。。。途中から んん?

花粉が~

きっと飛んでる。。。

目がかゆい、涙が、マスクしてても鼻水が~。

シリーズでお伝えしていますアロマテラピー利用法。
2回目は吸入法です。

1、芳香浴法
2、吸入法
3、沐浴法
4、フェイシャルスチーム
5、湿布法
6、トリートメント法
7、手作り化粧品

吸入法は、簡単に手軽に精油の薬理作用を活用することができます。

特にこれから気になる花粉の季節がつらい方には是非お勧めしたい方法です。

メンタル「センサイん」にも、気持ちの切り替えに役立ちます。

他にも以下のようなときに「気軽に簡単に吸入法」をおススメ。主な精油をご紹介しています。

◆眠気を覚ましたいとき、勉強や仕事の合間のリフレッシュ 

〈ペパーミント、レモン、ユーカリ・ラディアタ、ローズマリー〉

◆花粉の多い季節に、風邪が心配な季節に

〈ティートゥリー、ユーカリ・グロブルス、ユーカリ・ラディアタ、ラベンサラ、ローズマリー〉

◆イライラする時に、落ち込んだ時に、不安や心配で気持ちがざわつく時に

〈真正ラベンダー、ベルガモット、マンダリン、マージョラム、カモマイル・ローマン、ゼラニウム、イランイラン、プチグレン、フランキンセンス〉

◆パニックになったとき、落ち着きを取り戻したいときに

〈サンダルウッド、真正ラベンダー、カモマイル・ローマン・フランキンセンス〉

◆猛暑の夏に(クール感を)

〈ペパーミント、ハッカ、レモン〉

◆お酒を飲んだ後に(気分スッキリの芳香浴) 、乗り物酔いが気になるときに

〈グレープフルーツ、ペパーミント、ハッカ、レモン〉

◆ダイエットを応援するアロマ

〈グレープフルーツ、サイプレス、シダーウッド〉

 

2、吸入法をご紹介

精油の香り(薬理成分)を鼻や口から吸入することで、特に呼吸器系の不調を緩和するのに役立ちます。

湿式吸入法と乾式吸入法があります。状況などで使い分けてください。

①蒸気吸入法(湿式吸入法)

朝のあわただしい時間や、帰宅直後など、精油の芳香浴効果(薬理作用)をすぐに得たい場合にも、とても便利な使用法です。


マグカップなどの器に熱湯を注いで、その中に2〜3滴エッセンシャルオイル(精油)を落とします。上ってくる湯気に鼻を近づけて、香りを感じながら深呼吸してください。

※ 精油成分が粘膜を刺激することもあるため、長時間の吸入は避けましょう。

※せきが酷いときや喘息の場合は注意が必要です。

蒸気と共に揮発するエッセンシャルオイル(精油)は、呼吸器の粘膜を刺激することがあります。酷いせきの出るときや喘息の場合は、マグカップを使った芳香浴(蒸気吸入)は避けるようにして下さい。特に喘息の場合は、精油の種類によっては発作を起こしてしまう可能性もあるので注意してください。

※マグカップのような食器などを使用する場合は特に誤飲しないように注意してください

他の方が精油を落としたマグカップの中身をうっかり飲んでしまわないよう、きをつけてください。

 

②もっと簡単に!ティッシュやハンカチを使った吸入法(乾式吸入法)
ティッシュやハンカチ、またはコットンに1~2滴精油を落として、精油を積極的に吸い込む方法です。

乾式吸入法は、ティッシュと精油があればどこでも行えてしかも効果の高い方法です。

のどが痛い時、鼻づまり・鼻水・眠気・不安・緊張・疲労感・イライラ・ストレス、乗り物酔いなどの不調に効果的です。
ただし、香りは自分だけという訳には行きません。外で使用する場合は、周りの方への配慮を忘れずに香りの拡散には注意しましょう。

 

 

アロマテラピーが少しでも皆様のお役に立てるよう情報発信しています。
ブログでご案内していることは効果を保証するものではありません。
毎日の生活の中でご参考にしていただければと願っています

株式会社 ベル・クウォーレ https://beltacuore.com/

大阪 四天王寺

◆アロマの香りで心と体をリフレッシュ 

無添加オイルを使ったアロマ・マッサージで心とカラダを癒やす サロン ベル・クウォーレ

◆公益社団法人日本アロマ環境協会認定校 アロマ&リラクゼーション ベル・クウォーレ

zoomオンライン講座実施中)

◆磯部千晴セレクト:こだわりのアロマ・ハーブ関連商品取り扱い

楽天市場店:https://www.rakuten.co.jp/berutacuore/

belta(ベル)は『美しい人』、cuore(クウォーレ)は『心』

ご縁をいただけた皆様に【心も体も美しく】
磯部千晴の想いをこめて

543-0074
大阪市天王寺区六万体町419号 グラン・ピア四天王寺304

06-4305-7721(代)

 

アロマテラピー利用法 1 〈芳香浴法〉

こんにちは、村上優香です。

「気に入った香り(精油・エッセンシャルオイルともいう)を見つけたけれど、
精油の使い方ってデュフューザーに落として使う以外にどんな方法があるの?」

「いろいろ精油の説明には書いてあるけど。。。使い方がよくわからない」

「買ったときに少し使ってそのままになってる精油がいくつかある」

そんな方に、精油をつかったいろいろなアロマテラピーの利用法をご紹介!

毎日に生活の中でナチュラルな香りを使ってアロマテラピーを楽しんで、きれいで元気に!

1、芳香浴法
2、沐浴法
3、吸入法
4、フェイシャルスチーム
5、湿布法
6、トリートメント法
7、手作り化粧品

今回は、まずは手始めにここからスタートする方が多いと思います。

1、芳香浴法をご紹介

芳香浴は香りを浴びるという意味です。精油を使って自分の空間を気持ちよく整え、
香りを楽しむことによって心身のバランスをよりよく整えていきましょう。

ティッシュやコットン、ハンカチを使って

ティッシュやコットン、ハンカチに1~2滴精油を落して、枕元やデスクに置いたり、
持ち歩いて外出先でも香りを楽しむことが出来ます。

精油によっては色が濃いものもありますのでハンカチ等は着色してもいいかどうか注意しましょう。

②お湯に垂らして
マグカップやボウル、洗面器などに半分ほど熱湯を張り、1滴~2滴の精油を入れます。
蒸気とともに香りを素早く広げることができます。

③アロマスプレーで拡散させる方法
無水エタノールと精製水でつくるアロマスプレーは、日によって香りを変えて楽しみたいときや
用途によって使う精油を変えることによっていつでも気軽に利用できます。

自分の周りの空気の除菌や虫よけスプレー、お部屋のリラックスやリフレッシュ等の雰囲気作りを
したいときなどに気軽に行える拡散の方法です。

〈アロマスプレーの作り方〉

◆準備するもの(出来上がり量30ml)

・スプレー容器30ml以上 (ペット素材かガラス素材がおススメ)
・精油:1種類~数種類  合計で2滴(香弱め)~12滴(香強め)ぐらい
・無水エタノール5ml(ビーカーがなければ、計量スプーン小さじ1)無水エタノールは
薬局で売っています。

・水 25ml~45ml(水の量が少ないほど保存性が上がります)
・ラベル (エタノール・水・精油の配合量、作った目的、作った日にち等詳しく記入しておくと便利です)

◆作り方

1、ビーカーに最初に無水エタノール5mlを入れて、精油を2~12滴加える。

2、1、の材料をしっかりと混ぜ合わせたのち、水を加え、さらにしっかりと混ぜ、スプレーボトルに移し、ラベルを貼る

3、毎回使用前には必ず振ってからスプレーしてください。

無水エタノール → 精油 → 水 この順番を間違えると混ざりませんので注意してください。

※ポイント ビーカーがあれば、ビーカーの中で混ぜてボトルに移すということも可能ですが、
ビーカーがなければガラス容器等で代用してください。
( ボトルに直接無水エタノールを入れてもいいですが、計量スプーンだと入れにくいかと思います)
混ぜ合わせる際にガラス棒があれば便利です。

※無水(むすい)エタノール購入の際の注意  
ただ単に「エタノール」と書いたものや「消毒用エタノール」の書かれたものがあります。
それぞれエタノール(アルコール)濃度が違います。
購入の際は、「無水(むすい)エタノール」を購入してください

ャンドルを使った芳香拡散器

アロマポット、オイルバーナーなどの名前で販売されている、キャンドルの熱で
香りを拡散させるタイプの芳香拡散器です。
部屋の広さに応じて、水を張った上皿に1~5滴程度精油をたらし、香りを楽しみます。
芳香器の回りには燃えやすいものは置かず、風のない安定した場所に置きましょう。
また、子供やペットの手の届かないところにおき、就寝時は必ず火は消しましょう。
それぞれの取り扱い説明書に従い安全に使用してください。

⑤電気式芳香拡散器(電球)

精油を電気の熱で香らせる方法です。最近はライト式・ソケットライト式、
車で使用できるものなど様々なものが見られます。使い方は基本的に
キャンドル式のものと同様ですが、いずれも必ずそれぞれの取り扱い説明書に従い使用しましょう。

⑥電気式芳香拡散器(ミスト・デュフューザー)
精油を水に落して、電気の力でミスト状にし、拡散させる方法です。
〈精油原液を拡散させるタイプのものもあります〉
動力は電気ですが、熱を加える方法ではないので、精油成分の劣化を防ぎ、
より自然に近い香りを楽しむことができます。

 

アロマテラピーが少しでも皆様のお役に立てるよう情報発信しています。
ブログでご案内していることは効果を保証するものではありません。
毎日の生活の中でご参考にしていただければと願っています

株式会社 ベル・クウォーレ https://beltacuore.com/

大阪 四天王寺

◆アロマの香りで心と体をリフレッシュ 

無添加オイルを使ったアロマ・マッサージで心とカラダを癒やす サロン ベル・クウォーレ

◆公益社団法人日本アロマ環境協会認定校 アロマ&リラクゼーション ベル・クウォーレ

zoomオンライン講座実施中)

◆磯部千晴セレクト:こだわりのアロマ・ハーブ関連商品取り扱い

楽天市場店:https://www.rakuten.co.jp/berutacuore/

543-0074
大阪市天王寺区六万体町419号 グラン・ピア四天王寺304

06-4305-7721(代)

 

精油の紹介(フランキンセンス)

こんにちは。村上優香です。もう2月ですね。
寒さはまだまだ気が抜けませんが、梅の花だよりが届き始めると
春に向かってるんだなぁと実感します。

梅の名所はたくさんありますが、ベル・クウォーレの代表でもある
磯部さんとぜひ行きましょうと計画寸前でコロナが広がり始め、もう2年!

(今年も無理そうなので3年 (ノД`)・゜・。)計画が延期になっている
ところがあります。

三重県鈴鹿にある森庭園です。伊勢神宮の参拝とセットで
ミニトリップ、オススメです!
都道府県をまたいで自由に行き来できる日々が待ち遠しいですね。

 

きれいな梅の庭園からこのような話題に振り替えるのもいかがかと思いながら、
精油選びお問い合わせ質問で多いのが

「ストレスにおすすめの精油はどれですか?」

ご自身用であったり、ご家族用であったりしますが、コロナも長引いてくると
様々な不具合、体調不良がありメンタルケアが注目されます。

旅行もそうですが、日帰りでのおでかけやショッピング、お友達や同僚とのランチ、
「ちょっとお茶しようよ~( ^^) _U~~」というのさえ、気遣いが。。。

いつまでと期間限定ならまだしも、いつまで続くかわからないというのは本当に厄介です

気づかぬうちにどんどんストレスが~~⤴⤴⤴

リラックスは先にブログで案内しているラベンダーもおすすめですが、
「メンタルケア」というところでこの精油をお勧めします。

フランキンセンンス

香りは「ウッディーとスパイシーが混ざり、僅かにすっきりした柑橘系の香り」とたとえられます。
お勧めすると嫌いな人が少ない皆さん割と好まれる香りです

精油紹介
003 フランキンセンス
学名    Boswellia carterii  Boswellia sacra
科名    カンラン科
抽出部位  樹脂
抽出方法  水蒸気蒸留法
主要成分  モノテルペン炭化水素類 α-ピネン、α-ツエン、p-シメン、リモネン、サビネン
原産国   ソマリア、エチオピア、ケニア

別名オリバナム、乳香、和名ではニュウコウジュと呼ばれます。

フランキンセンスの語源は、中世フランス語の「純粋」の意味と、ラテン語の「燻す」
という言葉が合わさったものです。
フランキンセンスという名称は、中世のフランス語「真実の香り」という意味に
由来しているともいわれています。
乳香(にゅうこう)とはカンラン科ボスウェリア属の樹木から分泌される樹脂のことで
乳香の名は、その乳白色の色に由来します。

古くから神聖なものとして扱われ、古代エジプト、バビロニア、ヘブライといった
さまざまな文明で、宗教儀式に使われてきました。
エジプトでは朝に焚く香として寺院での瞑想や宗教儀式にも用いられてきました。

新約聖書にもあるように、イエス・キリスト誕生のときに東方の三博士が
イエス・キリストに捧げた贈り物の中に
乳香(フランキンセンス)、没薬(ミルラ)、黄金があったことは広く知られています。

フランキンセンスは「偉大な預言者の証」、神への礼拝を意味し、
ミルラは「偉大な医師の証」で、清らかな肉体の象徴、黄金は「偉大な商人の証」で、
神への愛を象徴と言われ、この3つの貢ぎ物のうち、キリストが選んだのは
フランキンセンスだったと言われています。
それだけフランキンセンスが黄金と同等の価値がある貴重な香料として使用されてきました。

スパイシーで奥深いウッディ調の香りは、呼吸を深くしてゆったりした気分をもたらしてくれます。
「若返りのオイル」とも言われるこの精油は、皮膚再生作用があり、乾燥や肌荒れなどの
皮膚トラブルにも優れた効果を発揮するため、エイジングケアにおすすめの精油です。

また心を癒し呼吸を整える働きがあるとされ、呼吸器系の不調改善にも役立つとされています。

近年ではしわやたるみの予防といった美容面での効果に着目されており、アンチエイジングに
役立てられています。

◆フランキンセンスの作用◆
鎮痛作用、抗菌作用、抗カタル作用、抗炎症作用、細胞活性化作用、抗うつ作用、
抗感染作用、収れん作用、駆風作用、去痰作用、免疫強壮作用、健胃作用、
呼吸器系の不調改善、尿路系の抗炎症作用、子宮強壮作用、血液浄化作用、消毒作用、
瘢痕形成作用、癒傷作用、収れん作用、強壮作用、しわ・たるみの改善、炎症防止作用

心へ
フランキンセンスは、心の滞りをなめらかにし、心に静けさをもたらす作用があり、
悲しみやイライラ、不安などの心の乱れを落ち着かせてくれます。
トラウマのように縛られてしまった感情や忘れられない過去から解放させてくれ、
自己を高める手助けをしてくれます。

呼吸を深め、心を静かにさせ、集中させるので、瞑想やヨガにも向いています。
自分と向き合い、こころを鎮めたい時、高まった気持ちを落ちつけたい時など、
脳を活性化させ、ストレスをたまりにくくしたり、仕事のパフォーマンスを上げる効果がある
「マインドフルネス」などと組み合わせ、メンタルケアのサポートとして人気の高い精油です。

また「浄化」等、スピリットの世界へつながる香りとも言われています。
芳香浴やアロマバスでゆったりと楽しんでみてください。

体へ
咳や気管支の炎症を和らげる作用があります。肺、鼻、喉の粘膜の炎症を落ち着かせ、
喘息や気管支炎の症状緩和に役立ちます。
呼吸を深めるので、胸部の緊張を解いてくれ、免疫力の向上や、喘息・気管支炎などの呼吸器系の不調に役立ちます。

また、神経系にも鎮静させながら緩やかに強壮する優れた機能があり、抗鬱や、鎮痛作用につながります。

リウマチ、腹痛、月経痛などにいいと言われています。
消化器官の働きを高め、消化を促進したり胃を健やかに保つ効能があります。
血行促進作用で身体を温めて冷え性を改善する働きや、子宮強壮作用にも役立ち、
冷えや女性の月経トラブルの改善もサポートしてくれる香りです。

肌に
若返りのオイルとも呼ばれ、アンチエイジング効果が優れています。
収れん作用があるためしわ、たるみの改善に役立ち、毛穴の引き締め効果も期待できます。

皮膚の再生を活性化、新陳代謝を促して肌にうるおいを与え、ハリやつやのある肌に導くため、
アンチエイジングを目指す女性に嬉しい効果がある精油です。
ホホバオイルやアルガンオイルなどの植物油で希釈して美容オイルを作り、朝晩気になる部分に塗布してください。

フランキンセンスの詳細、ご購入はここをクリック

 

アロマテラピーが少しでも皆様のお役に立てるよう情報発信しています。
ブログでご案内していることは効果を保証するものではありません。
毎日の生活の中でご参考にしていただければと願っています

 

株式会社 ベル・クウォーレ https://beltacuore.com/

大阪 四天王寺

◆アロマの香りで心と体をリフレッシュ 

無添加オイルを使ったアロマ・マッサージで心とカラダを癒やす サロン ベル・クウォーレ

ご予約はここをクリック

◆公益社団法人日本アロマ環境協会認定校 アロマ&リラクゼーション ベル・クウォーレ

zoomオンライン講座実施中)開講時間等ご相談に応じます。お忙しい方、夜間ご希望などお気軽にお問い合わせください。

10:00~19:00  06-4305-7721   

磯部千晴セレクト:こだわりのアロマ・ハーブ関連商品取り扱い

楽天市場 https://www.rakuten.co.jp/berutacuore/index.html

543-0074 大阪市天王寺区六万体町419号 グラン・ピア四天王寺304

06-4305-7721(代)

LINEの公式アカウント欄から公式ID【beruaroma】または名前【ベル・クウォーレ】で検索

は~るよ来い♪

どこかいきたいな~

温泉がいいかなー

おいしいもの食べに行きたいな~

友達との飲み会もしたいな~

ふと思いついたマインドフルネス実行で瞑想ではなく妄想が吹き荒れる~(笑)

村上優香がお送りしました❣

メールフォームはコチラ